費用を抑えたお葬式の在り方に注目されている訳

スタイルを選択

花と数珠

増加をする家族葬

昔のように一般の参列者にも出来るだけ多く参列をしてもらって、故人を盛大に送り出すという形式の葬式が少なくなってきました。親族のみで執り行う家族葬のニーズが高まってきています。親族のみで執り行ったほうが落ち着きますし、費用も削減をすることができるようになります。また一般の参列者にも足を運んでもらった場合、葬式の会場も用意しなければいけません。昔は自宅から見送るということが一般的でしたが、最近では専用の斎場を利用することが多いです。専用の斎場であれば、葬式の規模に応じた広さを選択することができます。家族葬も専用の斎場があるので、まるで自宅から送り出すようなアットホームな雰囲気の中で見送ることも可能です。葬式は人生最期の儀式でもあるので、しっかりと行うべきだと言われていますが、費用ばかりかかってしまうのでもったいない、という考えもあります。最低限のことさえ行っていれば、費用も抑えることができますし、遺族が納得しているのであれば問題はないでしょう。最近では菩提寺を持たない家庭も増えてきているので、どこの僧侶に依頼をするべきなのか悩んでしまうこともあります。宗教に捉われることのない葬式も選択をすることは可能です。僧侶に依頼をしなければ、より費用を抑えることは可能となります。宗教を意識しないという見送り方もあるので、葬儀会社に相談をしてみるとよいでしょう。大体の費用に関する見積もりも出してもらえます。