費用を抑えたお葬式の在り方に注目されている訳

葬儀をする時の知識

葬儀会場

どれぐらいのお金がかかる

人が亡くなった場合には、葬儀上で葬式を上げるのが基本になります。頻繁に葬式をしている人は別ですが、多くの人は一生のうち数回しかお葬式をしないため一体どれぐらいの費用になるかわからないと感じる人もいます。葬儀上では、いくつかのプランを用意しておりより自分たちの家族にとってふさわしいプランを利用するのがよいと考えられます。葬儀上の費用に関しては、最低でも10万円ぐらいかかると考えればよいでしょう。このプランの場合には、直葬が中心になります。どのような葬儀かといえば、火葬をするだけの葬儀です。つまりお通夜や告別式などはありません。かかる費用は棺桶代金と簡単な飾り付けに関する費用です。そのため一番シンプルなプランがよければ直葬を選ぶ必要があるでしょう。1日葬と呼ばれるものも最近は人気が出てきています。これは本来お通夜を行っていた葬儀を改めて、お通夜はやらずに告別式だけを行う形です。これにより1日で終わるのが基本になっているわけです。結果的に料金も安くなり20万円もあれば足りるでしょう。家族で行う葬式も増えてきています。家族だけで行う場合は、おおむね50万円ぐらいの費用から用意されています。ただいずれにしても、市町村が主催している会場と民間の会場では料金が随分と異なるため、その点を十分にチェックしておきたいところです。民間が行っているところの方が費用は高くなりやすいですが、その分サービスも充実しています。