費用を抑えたお葬式の在り方に注目されている訳

親族がなくなった場合

葬儀会場

種類の違いを頭に入れる

親族がなくなった場合などは、葬式をしなければなりませんが、普段から葬式のことを考えている人や知識がある人でなければ、一体どのようなスタイルになるのかわからない人も多いはずです。それと同様に、それぞれのスタイルによって費用も違うわけですが、その費用の違いも気になるところです。基本的に葬式で一般的に行われるスタイルとしては、家族と親戚そして会社の同僚や友達などが来るタイプです。ある程度中規模の葬式場で行われる傾向があり、費用も100万円位かかると考えておきましょう。実際はそれ以外にもお坊さんを呼ぶ場合や火葬場にかかる費用などもありますので要注意です。最近流行のものとしては、家族葬儀と呼ばれるものがあります。家族葬儀の特徴は、参加する人がごく限定されていることでしょう。一般的には20人以内で葬儀を行います。費用は40万円位になると考えておけば良いです。これは葬儀場が小さいことや参加人数が少ないことから料理の用意や引き出物の用意などが少なくて済むからです。さらにシンプルにした葬儀としては、直葬が存在しています。これは形式的な葬儀は一切行わず、火葬場に行って軽くお線香をあげて終りにするパターンです。葬儀場を経由する場合でも10万円未満になることが考えられます。もちろんこの場合も、火葬にかかる費用は別になりますので、注意が必要なところです。このスタイルでは、お盆さんを呼ぶ場合もあれば全くお坊さんを呼ばずに行うこともあります。