費用を抑えたお葬式の在り方に注目されている訳

供養に必要なこと

葬儀

何故行うのか

葬式はなぜ必要なのか考えたことはありますか。故人を見送る宗教的な儀式という意味合いがありますが、それだけではありません。遺族が故人が逝去したことを認め、けじめをつけるために行うという意味もあります。故人のために葬式を行うというだけではなく、遺族のために行うという考え方もあるので、儀式のすべてを省略するというのは、けじめもつけにくくなってしまう要因となります。費用もある程度はかかってしまいますが、生命保険に加入をしているのであれば、保険金が下りた時点で支払えばよいでしょう。最近では通夜と告別式を執り行うのではなく、火葬や埋葬までを1日で完了させてしまう、1日葬も人気が高いです。1日葬であれば費用もかなり抑えることができます。中には火葬のみに限定をする、火葬式を選択する人もいます。身寄りがない人、孤独死をして遺骨の引き取り手がいない場合などは行政で火葬のみを執り行うことがあります。葬式が済んだ後も定期的に供養を行う必要があります。もちろん、その供養も法要という形を取らずに食事会だけで済ませるような家族も増加をしています。寺院に足を運んで、読経をしてもらわなければいけないということはありません。読経をしてもらうためにも費用が必要になりますし、寺院によってもこの相場が異なってくることがあります。事前にチェックをしておくとよいでしょう。供養に必要な仏具も最近ではインターネット通販で購入をすることができるので、費用を比較して購入をするとよいでしょう。