費用を抑えたお葬式の在り方に注目されている訳

葬儀

供養に必要なこと

通夜、告別式など2日に分けて見送るのではなく、1日葬で済ませる人も増えてきています。葬式は故人と遺族のために執り行うことなので、他人が口出しをすることではありません。1日葬であれば費用も抑えることができます。
葬儀会場

親族がなくなった場合

葬式には様々なスタイルがありますが、家族や親族以外に友達や近所の人を呼ぶタイプは100万円位の費用がかかるでしょう。家族葬になるとその半分程度で済ませることが可能になります。さらに直葬の場合には、10万円で済むことが多いです。
花と数珠

スタイルを選択

葬式にはまとまった費用がかかってきますが、参列をする人数や形式によってもかかってくるコストが変わってくるので、事前にどんな形で見送るべきなのか、考えておくとよいでしょう。葬儀会社も相談に応じてくれます。
葬儀会場

葬儀をする時の知識

葬式をする場合には、プランによって費用が随分と異なります。直葬の場合には10万円の費用で行うことが可能です。それ以外にも、一日葬や家族葬なども行うことができますので、それぞれ料金の相談をしてみると良いです。
葬儀会場

行動する前に

葬式の費用には様々なものがありますが、家族葬の場合には20万円程度で行うことが可能であります。さらに安いのは、直葬と呼ばれるもので、家族その半分程度で済ませることが可能になります。その場合特にお坊さん等を呼ぶ必要もありません。

注目されている理由

女性

葬儀の事情

お国や、時代に関係なく、冠婚葬祭という行事、しきたりは、今も行われています。諸外国の事情に関しましては、詳しいことはわかりませんが、日本では、少しずつ変化しつつあります。冠婚葬祭だけにとどまらず、昔は、盛大に行われていた行事そのものも、全体的に簡略化の傾向にあるように見受けられます。なんとなく、寂しい感じにも思われます。どのような理由でそのような変化をしていくのかは、理解できないと頃もありますが、一つの要因としましては、核家族が増え、親戚関係も疎遠になったり、ご近所同士のお付き合いも、だんだんと希薄になったりというようなことではないかと推測します。冠婚葬祭の中でも、特に葬儀に関しましては、その兆候が歴然と現れているように感じ取れます。お葬式には宗教もつきものになります。また、故人の遺骨を納める、お墓の準備も必要となったり、墓石や、仏壇仏具の用意も必要となります。霊園にお墓を用意するか、お寺に用意するか、選び、決定する必要もあります。といったことがつい最近までの、お葬式の事情であったと思われます。近年は、その様子もガラリと変化しており、盛大なお葬式を執り行う方が減少しているようです。それは、故人の希望が大きいように見受けられます。お葬式も、本当に身内だけで執り行う家族葬に人気があり、お墓も、墓石を立てず、散骨や、樹木層などに人気があるようです。このようなお葬式の在り方が注目されている理由には、費用に関することもあるのではないかと考えます。何事も盛大にやればやるほど費用は掛かります。特に冠婚葬祭に関しましては、費用の節約はあるまじき行為だった時代もあったと思われます。でも、このような費用の節約を行動に移すということは、ある意味、成長しているのではないかと考えます。